CDFとPRSP

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数389
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1 CDF:Comprehensive Development Framework
    1.1 CDF (包括的な開発フレームワーク)とは?
    1997年秋、香港で行われた世界銀行・IMF年次総会において、世銀グループ総裁ジェームズD. ウォルフェンソンは、「すべての人々を社会に包含するという課題(The Challenge of Inclusion)」と題するスピーチの中で、開発効果を高めるために他の関係機関との緊密な協力体制構築の重要性(途上国の主体性(オーナーシップ)および多様な開発アクターの参加(パートナーシップ))を訴えた。そのスピーチを受けて、世銀は1998年夏、「開発のためのパートナーシップ:世銀に期待される活動(Partnerships for Development:Proposed Actions for the World Bank)」と題されたディスカッション用のペーパーに基づいて、政府、二国間・他国間援助機関、学者、NGO、市民社会団体、民間セクターなどと協議を行った。
    ウォルフェンソン総裁は、1998年10月の年次総会でこのテーマを再度取り上げ、開発はそれぞれの国が自らオーナーシップを持ち「参加する」枠組によって、より包括的なアプローチで実施されるべきである(参加型貧困削減戦略)と述べた。これが、現在「包括的な開発フレームワーク(CDF:Comprehensive Development Framework)」としてまとめられた考え方である。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    CDF/PRSF
    CDF:Comprehensive Development Framework
    CDF (包括的な開発フレームワーク)とは?
    1997年秋、香港で行われた世界銀行・IMF年次総会において、世銀グループ総裁ジェームズD. ウォルフェンソンは、「すべての人々を社会に包含するという課題(The Challenge of Inclusion)」と題するスピーチの中で、開発効果を高めるために他の関係機関との緊密な協力体制構築の重要性(途上国の主体性(オーナーシップ)および多様な開発アクターの参加(パートナーシップ))を訴えた。そのスピーチを受けて、世銀は1998年夏、「開発のためのパートナーシップ:世銀に期待される活動(Partnerships for Development:Proposed Actions for the World Bank)」と題されたディスカッション用のペーパーに基づいて、政府、二国間・他国間援助機関、学者、NGO、市民社会団体、民間セクターなどと協議を行った。
    ウォルフェンソン総裁は、1998年10月の年次総会でこのテーマを再度取り上げ、開発はそれぞ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。