障害者差別について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数9,970
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    なぜ障害者を差別してしまう人々が多いのだろうか。確かに私たちは、普段障害者を意識的に差別することは少ない。それに、障害者に出くわしたりした時も、あからさまに差別するのではなく、なんとなく「かかわりを持たないようにしよう」とか「助けてあげたほうがいいのかな」と考え、それを差別と自覚している人はほとんどいない。しかし、この社会も、そこで暮らす多くの人々も、それに差別問題を話題にする人も、障害者差別に深く思いを馳せることはほとんどない。これはれっきとした差別であり、これから私たちが改善していかなければいけないものではないのだろうか。そのためには、障害者のことを差別しないようにするだけでなく、障害者のことについて無関心であってはいけない。さらに、他に私たちがしなければいけないことについても考えていく必要がある。
    まず障害者差別とは、次のように定義されている。

    障害者が外見的なものであろうとなかろうと、それによって人権や生存権が損な
    われ、その人の人生にとって後遺症となりうるような経験を障害者本人の意図と
    は無関係に強いられるもの、具体的には障害者に対する暴力や名誉損傷、不妊手
    術の強要などから、障害を理由として社会参加等が制限されるような制度的或は
    運用上の差別及び排除・具体的には隔離から欠格条項等による就学・就職差別、
    介護放棄などをいう。(フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』)

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     なぜ障害者を差別してしまう人々が多いのだろうか。確かに私たちは、普段障害者を意識的に差別することは少ない。それに、障害者に出くわしたりした時も、あからさまに差別するのではなく、なんとなく「かかわりを持たないようにしよう」とか「助けてあげたほうがいいのかな」と考え、それを差別と自覚している人はほとんどいない。しかし、この社会も、そこで暮らす多くの人々も、それに差別問題を話題にする人も、障害者差別に深く思いを馳せることはほとんどない。これはれっきとした差別であり、これから私たちが改善していかなければいけないものではないのだろうか。そのためには、障害者のことを差別しないようにするだけでなく、障害者のことについて無関心であってはいけない。さらに、他に私たちがしなければいけないことについても考えていく必要がある。
    まず障害者差別とは、次のように定義されている。
    障害者が外見的なものであろうとなかろうと、それによって人権や生存権が損な
    われ、その人の人生にとって後遺症となりうるような経験を障害者本人の意図と
    は無関係に強いられるもの、具体的には障害者に対する暴力や名誉損傷、不妊手
    術の強要などか..

    コメント1件

    sakura1220 購入
    差別に対する意見は人それぞれあると思います。
    参考になりました。
    2007/07/20 16:52 (9年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。