高齢者・障害者の住まいの環境改善について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数617
ダウンロード数16
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート福祉学福祉住まい環境改善

    代表キーワード

    福祉学NPO

    資料紹介

    現在、日本は高齢化社会から高齢社会へ突入し、じきに4人に1人が高齢者という超高齢化社会となる。そこで高齢者・障害者の住まいの環境改善に関する問題が重要視されてきている。まず、はじめになぜ今<住まいの環境改善>が注目されているのかというと、高齢化が進む中で加齢とともに障害を持つ高齢者の急増が原因である。
    今の住宅事情は、むかしからある木造家屋の住宅は老朽化が進み日本家屋の特徴である、段差が多く且つ狭い夏向き型で冬寒いといったようにバリアが多く見受けられる。公営住宅でもバリアが多く深刻な問題となっている。その結果、近年では家庭内事故死が急増してきている。
     度重なる医療保険の改定から、老人の個人負担を定額制から定率性へと変わり高齢者の負担は増すばかりである。社会福祉基礎構造改革の推進で介護保険法・措置制度から利用契約制度へ転換し、「福祉」の商品化により同じく負担が増している。高齢者の中には社会保険や医療保険介護保険や家賃、光熱費が払えないという人もいる。また高齢者をターゲットに悪質な商売が急増し社会に悪影響を及ぼしているのも現状だ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    福祉住環境論                     
     
    高齢者・障害者の住まいの環境改善について
    ~制度の現状と専門家の役割と今後の課題の考察~
     現在、日本は高齢化社会から高齢社会へ突入し、じきに4人に1人が高齢者という超高齢化社会となる。そこで高齢者・障害者の住まいの環境改善に関する問題が重要視されてきている。まず、はじめになぜ今<住まいの環境改善>が注目されているのかというと、高齢化が進む中で加齢とともに障害を持つ高齢者の急増が原因である。
    今の住宅事情は、むかしからある木造家屋の住宅は老朽化が進み日本家屋の特徴である、段差が多く且つ狭い夏向き型で冬寒いといったようにバリアが多く見受けられる。公営住宅でもバリアが多く深刻な問題となっている。その結果、近年では家庭内事故死が急増してきている。
     度重なる医療保険の改定から、老人の個人負担を定額制から定率性へと変わり高齢者の負担は増すばかりである。社会福祉基礎構造改革の推進で介護保険法・措置制度から利用契約制度へ転換し、「福祉」の商品化により同じく負担が増している。高齢者の中には社会保険や医療保険介護保険や家賃、光熱費が払えないと..

    コメント1件

    hanamikan 購入
    参考になります。
    2007/05/08 7:54 (9年7ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。