精神医療において倫理的観点から留意すべきこと

会員1,080円 | 非会員1,296円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数940
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    はじめに     
     現在では、あらゆる情報の多様化により、患者側も医学の知識を持ち、知る権利、選択する権利が強調されてきた。また、医療のサービス化、患者中心の医療、インフォームド・コンセント(以下ICとする)の徹底を図など、病院側は医療従事者に合わせるのではなく、患者様の目線に合わせて診る、そして提供する医療へと徐々にではあるが変化してきたと言える。
     では、今なお倫理的問題が重要視されるなか、精神医
    療において、特に留意するべき理的問題を考えてみると
    する。そこでまず、一般医療と精神医療を区分して考える必要があった。 それは、精神医療には2つの問題があるからだ。1つは、認知症などによる判断..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。