障害児の行動特性について

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,809
ダウンロード数25
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「障害児の行動特性~環境要因の影響について~」
    Ⅰ.はじめに
     今回は、広汎性発達障害、高機能広汎性障害、注意欠陥多動性障害(ADHD)についての行動特性と環境的要因についてまとめたので報告する。
    Ⅱ.各障害の行動特性についてまとめた
     1.広汎性発達障害
    特徴:①社会性の障害(自閉)
    ②コミュニケーション障害(おうむ返し)
    ③想像力と行動の障害(こだわり行為)
    知能は重度~正常であり早期療育が大変有効。
    2.高機能広汎性発達障害
    知的障害を持たず(高機能自閉症・アスペルガー症候)
    特徴:自閉症の基本症状のうち言語コミュニケーショの障害が軽い。しかし、集団行動苦手でいじめの標的になることもある..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。