障害の意味を3つの次元的捉え方についての考察

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数1,018
ダウンロード数22
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    第1課題 第2設問
    Ⅰ.障害の概念について
     WHOの障害の概念の特徴は障害を階層的に把握すべきだとした。また障害を医学の範囲を越え社会との関係においても考察するという方向性を打ち出した。それまで支配的であった障害にかんする医学(病理)モデルの批判、再検討を行い、障害を環境との相互関係のもとで把握するモデルへと移行させる努力がはじまっている。
    Ⅱ.障害の3つの次元的とらえ方とは何であるか述べる
     障害の階層的把握とは、障害は疾患の結果として発症するが、障害の中で見ると以下の3つの階層からなる。
     ①機能・形態障害:心理的、生理的又は解剖学的な構造または機能のなんらかの喪失ないし異常である。
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。