相談・援助の心理学

会員2,160円 | 非会員2,592円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数1,110
ダウンロード数23
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    相談・援助の心理学
    Ⅰ.クライエントに沈黙が起こった際の扱い方
    クライエントの中には会話の中でしばしば沈黙が起こる。時間にしてせいぜい30秒から1分の間の事ではあるがカウンセラー側から起こす沈黙は、相談に対してやる気がない場合,一瞬言葉に詰まってしまった場合である。しかし、カウンセラーは焦らず、クライエントがどのような状況にあるのかを冷静に判断する必要がある。そしてまた、この沈黙と言う状況に対し慌てて無理に話題を変えたりする必要はないのだ。なぜなら、これは偶然の産物といい「治療効果のある」沈黙とは言えないからだ。
    一方クライエント側から起こす沈黙は、避けたい話題に触れられた時や、難しい問題に触れたときである。これらは重要であり、どこかの時点で触れる必要がある。5分、10分と長い沈黙の場合、クライエントは強い感情的な体験や抵抗を表していると見るべきである。
    Ⅱ.治療効果がある沈黙の種類
    ①面接の進行調整のための沈黙:欧米のカウンセリングとは趣を異にする休止符的な役割を果たす沈黙であり、日本人はこの「間」を特に重視する傾向がある。
    ②沈黙による焦点付け:クライエントが言ったことを黙って受け..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。