21世紀における国民健康づくり運動についての内容と対策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数630
ダウンロード数5
履歴確認

    ファイル内検索

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    成人看護「21世紀における国民健康づくり運動についての内容と対策」
    Ⅰ.はじめに
    日本は現在、急速な出産率の低下とともに、人口の高齢化が進行し、2020年には4人に1人が高齢者という超高齢社会になることが予測されている。この少子高齢社会を健康で活力のある生活を維持していくためも、単に病気の早期発見や治療に留まらず、健康を増進し、発病を予防する「一次予防」を重視することが必要とされる。国は『健康日本21』と題して国民の健康づくりの推進を行っている。
    Ⅱ.5つの生活習慣病の現状と予防方法について
    1.癌
    三大死因のトップであるが、集団検診の普及、医学の進歩,早期発見などで、がん患者の生存率は向上している。男性は肺癌,女性では直腸癌が多い。では癌に対して予防は出来るのか考えてみたい。癌の危険因子のうち重要なものは、「食物」「たばこ」などであることが現在わかっている。また、発ガン因子として食生活35% ,たばこ30%を占める。予防対策は、①バランスのと
    れた栄養(一日30品目)②毎日変化のある食生活。③食べすぎを避け、脂肪を控える。④お酒は適量(ビール5ml.日本酒一合)⑤禁煙。⑥ビタミンと食..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。