日本の経済について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数505
ダウンロード数9
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    〜はじめに〜
    最初、経済と聞いて大丈夫かな〜?と不安になってしまいました。しかし、授業を聞いていると、社会ととても関係があって、自分にまったく無関係ということではないということを教わり、さらに恐れるほど難しくなく、それどころか、これから少し興味を持って新聞の経済面を読もうかな?という気になれました。
    1.理解したこと
    ・働くということは社会に出るということであり、さらに、糧を得るということである。
    ・糧を得るということ。つまり、最も基本的な経済活動の暮らしの糧。=所得
    ・消費=欲望の直接・間接の充足のために財・サービスを消耗する行為。生産と表裏の関係をなす経済現象。
    ・所得から税金を払う→公共サービス(その便宜を多くの個人が同時に教授でき、しかも対価の支払い者だけに堰堤で着ないような財やサービス。公園・消防・警察など。
    ・財を得ようと努力していない人たちの事をNEET(=Not in Employment, Education or Trainingの略で、「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に向けた具体的な動きをしていない」若者の事)という。
    ・誰のために働くか?家族→相互扶助・養育のため 自分→「働かざるもの食うべからず」つまり、お金がもらえないから。
    ・豊かになってなぜ一生懸命働くのか?私たち人間には道徳というものがあるから/アダム・スミス

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現代社会論
    日本の経済について
    ~はじめに~
    最初、経済と聞いて大丈夫かな~?と不安になってしまいました。しかし、授業を聞いていると、社会ととても関係があって、自分にまったく無関係ということではないということを教わり、さらに恐れるほど難しくなく、それどころか、これから少し興味を持って新聞の経済面を読もうかな?という気になれました。
    理解したこと
    働くということは社会に出るということであり、さらに、糧を得るということである。
    糧を得るということ。つまり、最も基本的な経済活動の暮らしの糧。=所得
    消費=欲望の直接・間接の充足のために財・サービスを消耗する行為。生産と表裏の関係をなす経済現象。
    所得から税金を払う→公共サービス(その便宜を多くの個人が同時に教授でき、しかも対価の支払い者だけに堰堤で着ないような財やサービス。公園・消防・警察など。
    財を得ようと努力していない人たちの事をNEET(=Not in Employment, Education or Trainingの略で、「職に就いていず、学校機関に所属もしていず、そして就労に向けた具体的な動きをしていない」若者の事)という。
    誰の..

    コメント1件

    peanuts 購入
    いいです
    2006/09/26 12:08 (10年2ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。