重商主義の貧民政策

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数521
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     はじめに、このレポートは救貧法ができるまでと労役場の制度化、またそれによってもたらされた事象について述べてある。この章でのポイントは、絶対王政下に登場した救貧法、すなわち貧民政策がいかにして形成され、それが資本主義社会においてどのような役割を果たしたのか、というとこです。
    1、 絶対王政下の貧民政策
     封建社会における農奴は、領主たちにとっては必要不可欠の源泉であった。ゆえに領主にとって農奴の不在は自らの存在基盤の喪失を意味するのであった。よって、農奴の収奪には一定の制約がもたらされた。戦争、凶作、流行病などが起こった場合に行われる保護的な施策はこのような理由から行われていた。
     領主支配の下で農奴たちが生活した荘園は、独立した村落共同体を形成していた。そこでは領主的な諸力に加え、地縁的・血縁的な紐帯が重要な意味をもっていた。一面においては農奴たちにたいする規制力の源泉となったが、同時にそれは農奴の労働と生活の相互扶助機構の基盤をなしていた。そして、このような形態はギルドを中心とする中世都市の生活のうちにも同様なものが形成されていた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    重商主義の貧民政策
     はじめに、このレポートは救貧法ができるまでと労役場の制度化、またそれによってもたらされた事象について述べてある。この章でのポイントは、絶対王政下に登場した救貧法、すなわち貧民政策がいかにして形成され、それが資本主義社会においてどのような役割を果たしたのか、というとこです。
    絶対王政下の貧民政策
     封建社会における農奴は、領主たちにとっては必要不可欠の源泉であった。ゆえに領主にとって農奴の不在は自らの存在基盤の喪失を意味するのであった。よって、農奴の収奪には一定の制約がもたらされた。戦争、凶作、流行病などが起こった場合に行われる保護的な施策はこのような理由から行われていた。
     領主支配の下で農奴たちが生活した荘園は、独立した村落共同体を形成していた。そこでは領主的な諸力に加え、地縁的・血縁的な紐帯が重要な意味をもっていた。一面においては農奴たちにたいする規制力の源泉となったが、同時にそれは農奴の労働と生活の相互扶助機構の基盤をなしていた。そして、このような形態はギルドを中心とする中世都市の生活のうちにも同様なものが形成されていた。
     このように、封建社会の構造は農奴..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。