中国不動産市場の現状について

会員756円 | 非会員907円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数539
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    中国不動産市場の現状と未来についての予想

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    中国不動産市場の現状について
    巨大な中国の不動産市場のバブルが直面しているかどうか、今、世界で最も需要な課題になることが明らかに現れる。 
     中国の経済成長は不動産に依頼するだけでなく、世界的に他の経済体でも世界第二経済体を依頼することになるだろう。たとえば、特にオーストラリアやブラジルなどの大量の輸出品国に対して、中国経済を依存することが明らかに現れる。不動産の建設は大量の鉱産物が必要で、過去十年間、オーストラリアの鉱産物出力値は世界第三である(アメリカと南アフリカの以外)続いてはブラジルである。そのうちに中国への鉱物輸出の割合は70%以上だ。特に高品質と安価の鉄鉱石原料とアルミナで、中国の鉄鋼業とアルミ開発を強力的にサポートしている。言い換えれば、中国の不動産建設を強力的にサポートしている。
    一、政治的に考える不動産の現状
    地政学の観点角度から考えれば、不動産経済は中国にとって、最も重要な課題である。
     住宅建設の推進は中国経済成長の重要なパワーである。もし、中国不動産バブル発生の場合、その衝撃波の作用下で中国経済成長率は1桁の数に落ちる可能性がある。政府推測によると、社会治安と政..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。