経営における企業会計の役割

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数1,548
ダウンロード数13
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    1:会計規則
    日本の企業会計は、3つの規則によって規定されている。1つ目は商法である。商法は、債権者及び株主を保護することによって経営者・株主・債権者間での利害調整を図るという目的がある。例えば、配当可能限度額の算定(配当規制)などがある。配当可能限度額は、配当可能限度額=純資産額−(資本の額+資本準備金+利益準備金+その決算期に積み立てる利益準備金)によって決まる。2つ目は、証券取引法である。証券取引法は、自己責任でリスクとリターンを判断して意思決定を行う投資家の保護するために、その自己責任を問うのに十分に透明で公平な企業情報の開示が行われることを目的にしている。企業会計原則(真実性の原則、保守主義の原則など)によって企業会計の原則が定められている。
    3つ目は、法人税法である。法人税法は、税の公平や透明性を確保し、実態に即して適切に課税するとともに租税回避を防止するために、法人税所得算定の規定を定めている。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     経営における企業会計の役割
    1:会計規則
    日本の企業会計は、3つの規則によって規定されている。1つ目は商法である。商法は、債権者及び株主を保護することによって経営者・株主・債権者間での利害調整を図るという目的がある。例えば、配当可能限度額の算定(配当規制)などがある。配当可能限度額は、配当可能限度額=純資産額-(資本の額+資本準備金+利益準備金+その決算期に積み立てる利益準備金)によって決まる。2つ目は、証券取引法である。証券取引法は、自己責任でリスクとリターンを判断して意思決定を行う投資家の保護するために、その自己責任を問うのに十分に透明で公平な企業情報の開示が行われることを目的にしている。企業会計原則(真実性の原則、保守主義の原則など)によって企業会計の原則が定められている。
    3つ目は、法人税法である。法人税法は、税の公平や透明性を確保し、実態に即して適切に課税するとともに租税回避を防止するために、法人税所得算定の規定を定めている。
    またこれら、3つに加えて国際的な企業活動が行われ、国境を越えた投資活動が活発になっている昨今、国際的な会計基準が定められようとしている。アメリカ財務..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。