生涯学習の展開・支援と主体的な学びの必要性

会員864円 | 非会員1,036円
ダウンロード カートに入れる
ページ数6
閲覧数844
ダウンロード数10
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    生涯学習活動の展開とその活動における支援のあり方として、近年では高齢者・ジェンダー・青少年・学校と社会といった分野における生涯学習の展開について多く語られているが、その中で特に多く登場するキーワードが「主体性」や「参加型・体験型学習」というものであり、現代における生涯学習の場においてこれらが必要となってくるということである。このキーワードは、生涯学習の展開においてのみならず、現代の社会において必要とされるスキルであり、また、このスキルを用いることによって学習や活動の幅だけでなく、教育や労働、生活のあらゆる場面において可能性を広げるものとなりうる。そこで、今回は生涯学習の展開として、また、その支援のあり方としての「ワークショップ」を提案し、検討していきたいと思う。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「生涯学習の展開・支援と主体的な学びの必要性」
    1.はじめに
     生涯学習活動の展開とその活動における支援のあり方として、近年では高齢者・ジェンダー・青少年・学校と社会といった分野における生涯学習の展開について多く語られているが、その中で特に多く登場するキーワードが「主体性」や「参加型・体験型学習」というものであり、現代における生涯学習の場においてこれらが必要となってくるということである。このキーワードは、生涯学習の展開においてのみならず、現代の社会において必要とされるスキルであり、また、このスキルを用いることによって学習や活動の幅だけでなく、教育や労働、生活のあらゆる場面において可能性を広げるものとなりうる。そこで、今回は生涯学習の展開として、また、その支援のあり方としての「ワークショップ」を提案し、検討していきたいと思う。
    2.理論的検討
     「ワークショップ」とは一体どのような活動であるのか。私自身、大学の講義等で生涯学習などについて学び、その中でもたびたび取り上げられたものであるのだが、今回、基本からこのワークショップについて学ぶことを目的とし、「ワークショップ―新しい学びと創造の..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。