死刑制度の現状と考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数1
閲覧数3,634
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    社会学法学死刑制度

    代表キーワード

    法学社会学死刑制度

    資料紹介

    現在の世界において世界の主要国において死刑制度が残っているのは日本とアメリカくらいのものである。ヨーロッパではほとんどの国が死刑制度を廃止している。ロシアでは未だ死刑制度は残っているもののこの10年以上の間死刑は執行されていない。この死刑制度に対しては賛否両論が巻き起こっており、またそれらの議論がどちらも正しいものである上に、世論としてもどちらかに傾いていると言うことがないので未だに日本でも賛否両論がせめぎあっている状態であり、死刑制度廃止か存続かの結論は出ていない。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    現在の世界において世界の主要国において死刑制度が残っているのは日本とアメリカくらいのものである。ヨーロッパではほとんどの国が死刑制度を廃止している。ロシアでは未だ死刑制度は残っているもののこの10年以上の間死刑は執行されていない。この死刑制度に対しては賛否両論が巻き起こっており、またそれらの議論がどちらも正しいものである上に、世論としてもどちらかに傾いていると言うことがないので未だに日本でも賛否両論がせめぎあっている状態であり、死刑制度廃止か存続かの結論は出ていない。
    死刑制度反対論としては、刑罰の犯罪抑止力としての効果が死刑には見られないのではないかとの疑問、冤罪や誤審に対する責任、改悛して..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。