ハンセン病の過去と相互理解についての考察

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数529
ダウンロード数18
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ハンセン病は、らい菌の感染によって生じる慢性の系統疾患である。らい菌が体内に侵入し感染が成立すると、はじめ神経が侵され、次いで皮膚、更に病状が進行すると、他の臓器が冒される。神経の中でも末梢神経が侵される為、手・足・顔などの知覚麻痺や運動麻痺を起こす事が多く、結果として様々な身体障害を残してしまう疫病である。
    このように、ハンセン病は重病であることは明確であるが、ハンセン病は歴史的に見て世界中で忌み嫌われた病気であり、ハンセン病患者への非人道的な差別や政策へと繋がってしまったのである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ハンセン病の過去と相互理解についての考察』
    <<調査の動機>>
    私は、高校生時代にハンセン病の方の講演を聞いた経験がある。その時からハンセン病そのものと、ハンセン病患者の境遇について興味を持っていた。以前視聴したビデオで語られたハンセン病の実態と、ハンセン病患者の受けてきた差別や偏見を改めて知り、過去、そして現在におけるハンセン病の理解やハンセン病患者の現代における境遇を深く知りたいと思った。
    <<調査・考察>>
     まず、そもそもハンセン病というものはどのような病気であるのか。
    ハンセン病は、らい菌の感染によって生じる慢性の系統疾患である。らい菌が体内に侵入し感染が成立すると、はじめ神経が侵され、次いで皮膚、更に病状が進行すると、他の臓器が冒される。神経の中でも末梢神経が侵される為、手・足・顔などの知覚麻痺や運動麻痺を起こす事が多く、結果として様々な身体障害を残してしまう疫病である。
    このように、ハンセン病は重病であることは明確であるが、ハンセン病は歴史的に見て世界中で忌み嫌われた病気である。その理由として、まだハンセン病に対する有効な治療法が発見されていなかった時代では、ゆっくりで..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。