「『気』で読む中国思想」を読んで

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数237
ダウンロード数2
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    レポート史学気功中国歴史

    代表キーワード

    歴史史学中国思想

    資料紹介

    日本人私たち、特に若年層にはほとんど馴染みのない、『気』というものをフィルターとして中国の歴史をながめた本書は、膨大な歴史書の中でも鮮烈なメッセージを放っているように思う。私たちが知っている中国の偉人たちのほとんどが著書の中で『気』について自らの見解を述べている。さらに現存する本として最初に『気』を登場させた孔子から、中華人民共和国を成立させた毛沢東、そして現在の中央ないし地方の中国政府にいたるまで、一見形而上的で、非科学的にもとれる『気』というものの存在を認めていることは意外であった。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「『気』で読む中国思想」を読んで
                             
    中国の歴史に触れようとする時、他の地の歴史と比較して驚くのは、そのアプローチの可能性が実に多様であることだ。歴史区分の方法、文化芸術宗教思想、民族の歴史、文字の歴史、女性史、偉人の伝記など様々なテーマの組み合わせによって、その数は図り知れないものとなっている。
    日本人私たち、特に若年層にはほとんど馴染みのない、『気』というものをフィルターとして中国の歴史をながめた本書は、膨大な歴史書の中でも鮮烈なメッセージを放っているように思う。私たちが知っている中国の偉人たちのほとんどが著書の中で『気』について自らの見解を..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。