英語科教育とグローバリゼーション

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数338
ダウンロード数4
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    従来、中学校や高校では、訳読や文法、入試対策に重点を置いたあまり英語を話すという事をしない指導を行ってきた。しかし、このような伝統的指導過程では、音声面の欠けた文字中心の英語学習になり、学習指導要領の目標を達成する事が出来なかった。では、今日の英語科教育において、求められている事とは何であろうか。それは“実践的なコミュニケーション能力の育成”という事である。簡単に言うと、外国語の音声や文字を使って実際にコミュニケーションを図る事が出来る能力を育成するという事である。この指導目標を達成する過程としてまず、生きた言葉としての英語をマスターするためにこれら4技能をバランスよく身に付けさせるという事が必要である。何故なら、聞く事と読む事は理解を、話す事と書く事は表現能力を表すからである。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    従来、中学校や高校では、訳読や文法、入試対策に重点を置いたあまり英語を話すという事をしない指導を行ってきた。しかし、このような伝統的指導過程では、音声面の欠けた文字中心の英語学習になり、学習指導要領の目標を達成する事が出来なかった。では、今日の英語科教育において、求められている事とは何であろうか。それは“実践的なコミュニケーション能力の育成”という事である。簡単に言うと、外国語の音声や文字を使って実際にコミュニケーションを図る事が出来る能力を育成するという事である。この指導目標を達成する過程としてまず、生きた言葉としての英語をマスターするためにこれら4技能をバランスよく身に付けさせるという事が..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。