競艇について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数619
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    まず、競艇選手になることについて述べると、競艇選手になるにはまず、競艇学校に入り研修を受ける。競艇学校について、一昔は競艇学校といえば山梨県の本栖湖にあるも本栖研修所であったが2001年に福岡県の柳川のはずれに移転した。これが「やまと競艇学校」である。本栖研修所は山の中に作られたがやまと競艇学校は有明海の干拓につくられた。最初の関門である競艇学校に入るにはまず試験にクリアしなくてはならないがその競争率がなんと約35倍である1700人受けて50人しか通らないという狭き門なのである。1次試験として筆記試験そして視力、体重、身長の測定があり、それをクリアしたら2次試験となる。2次試験ではまず、視力・血圧・脳波などの精密検査を行い病気の有無を調べるその後、研修所で3泊4日の試験を受ける。研修所では実際ボートに乗っての操縦検査そして体力測定を行い終了となる。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    目的
    普通、「競艇」というとまず思い浮かぶのが「賭け事(ギャンブル)」という体質である。しかし今回はスポーツという観点から「競艇」を見つめなおし、特に選手に焦点を合わせて競艇を掘り下げていく。
    方法
    競艇を調べるにはインターネットや著書等さまざまな手段があるが、どれも競艇を「賭け事(ギャンブル)」として扱っているものが多く、選手を調べるには選手の目線で書かれているものが欲しい、その方法として唯一「競艇」について描かれた漫画の「モンキーターン」の単行本から調べることとする。
    結果
    まず、競艇選手になることについて述べると、競艇選手になるにはまず、競艇学校に入り研修を受ける。競艇学校について、一昔は競艇学校といえば山梨県の本栖湖にあるも本栖研修所であったが2001年に福岡県の柳川のはずれに移転した。これが「やまと競艇学校」である。本栖研修所は山の中に作られたがやまと競艇学校は有明海の干拓につくられた。最初の関門である競艇学校に入るにはまず試験にクリアしなくてはならないがその競争率がなんと約35倍である1700人受けて50人しか通らないという狭き門なのである。1次試験として筆記試験そして視力..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。