歴史学レポート[1]

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数797
ダウンロード数7
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    歴史学Ⅰレポート
    アジア太平洋戦争
    アジア太平洋戦争の始まりと目的 
     日本の海軍機動部隊がハワイの真珠湾を攻撃したのは、一九四一年一二月八日の朝三時二〇分(日本時間)でした。普通は、真珠湾攻撃によって太平洋戦争が始まったと言われています。しかし、実は陸軍の精鋭部隊はマレー半島の東北部のコタバル沖に到着し、この日の一時三五分に舟艇に乗って発進し、イギリス軍との戦闘の中を二時一五分上陸を開始しました。真珠湾攻撃に先立つこと一時間余り、このマレー半島上陸作戦によってアジア太平洋戦争の口火が切られたというのが、歴史の事実なのです。 
    では、なぜ東南アジアのマレー半島なのでしょうか。日本は中国への侵略戦争に行き詰まっていました。そして、中国から撤退せよというアメリカの要求を拒み、石油や鉄の供給を止められてしまいました。日本はあくまで戦争を続けようとし、そのために必要な資源を確保するために東南アジアに目を付けました。石油をはじめスズ、ニッケル、ボーキサイト、ゴムなど重要な資源の宝庫だったのです。ここを占領すれば、資源に困ることなく戦争を続けられると日本の軍部や政府は考えたのでした。 
     ところが..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。