ギャスケル短篇集を読んで「家庭の苦労」と現代社会における「思いやり」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数254
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

     はじめに、この小説の話は病院で妹のメアリーの処置を決めるときにジェムがベッシーに言った「どんな具合にやるかを決めようとする時、そのやり方を自分が望んでいるかどうかではなく、その方法が正しい(もしくは望んでいる)かどうかを基準にしなくちゃならないんだ。」(注 p197)という言葉にまとめられていると思う。
    まさにその通りである。自分の考えを必ずしも相手が気に入るとは限らないので、自分の意見がすべて正しいと思うのは間違いである。
    では、自分の考えに固守した場合にはどんな問題が起こるだろうか。
    一つに自己主張が強くなり過ぎるという問題が起こるはずだ。自己主張をすることは悪いことではない。しかし、相手の意見をまったく受け入れないのは当然間違いである。
    自分以外の人間の意見を受けいれることができないので、議論になろうものなら相手が「まいった」と言うまで追及の手を緩めない。そうなると、たとえ議論に勝ったとしても人間関係を維持していくのは困難だ。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    『ギャスケル短篇集「家庭の苦労」と現代社会における「思いやり」』
            
     はじめに、この小説の話は病院で妹のメアリーの処置を決めるときにジェムがベッシーに言った「どんな具合にやるかを決めようとする時、そのやり方を自分が望んでいるかどうかではなく、その方法が正しい(もしくは望んでいる)かどうかを基準にしなくちゃならないんだ。」(注 p197)という言葉にまとめられていると思う。
    まさにその通りである。自分の考えを必ずしも相手が気に入るとは限らないので、自分の意見がすべて正しいと思うのは間違いである。
    では、自分の考えに固守した場合にはどんな問題が起こるだろうか。
    一つに自己主張が強くなり過ぎるという問題が起こるはずだ。自己主張をすることは悪いことではない。しかし、相手の意見をまったく受け入れないのは当然間違いである。
    自分以外の人間の意見を受けいれることができないので、議論になろうものなら相手が「まいった」と言うまで追及の手を緩めない。そうなると、たとえ議論に勝ったとしても人間関係を維持していくのは困難だ。
    また、攻撃的性格にならざるを得ない。自分の正当性だけを主張するため、..

    コメント1件

    najinaji 購入
    わかりやすくてとても役に立ちました!
    2006/07/27 23:22 (10年4ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。