発展途上国における「貧困の罠」

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数6,725
ダウンロード数44
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    発展途上国貧困

    代表キーワード

    発展途上国貧困の罠

    資料紹介

    発展途上国における「貧困の罠」
     発展途上国における貧困の罠とは何なのか。それは「物質的貧困」「身体的貧困」「孤立化」「不測の事態に対する脆弱館」「政治力や交渉力がない」これら5つが絡み合って貧困から抜け出せない状態を貧困の罠という。以下ではこれらの理由を説明しながら論じていきたいと思う。
     まず物質的貧困とはなにか。雨風しのぐだけの家、不安定な土地、トイレ・水道など衛生設備がない、食料等のたくわえがなく季節に左右される、生きるか死ぬかのギリギリの生活、働ける人間はいつでも働いている。このような状態を物質的貧困という。
     二つ目に身体的貧困。働ける男女に対し扶養する家族の割合が多い、またこうした状況から常に時間に追われている、収穫前の季節になると飢えてやせる、発育不足になりやすい。こうした状態を身体的貧困という。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    発展途上国における「貧困の罠」
     発展途上国における貧困の罠とは何なのか。それは「物質的貧困」「身体的貧困」「孤立化」「不測の事態に対する脆弱館」「政治力や交渉力がない」これら5つが絡み合って貧困から抜け出せない状態を貧困の罠という。以下ではこれらの理由を説明しながら論じていきたいと思う。
     まず物質的貧困とはなにか。雨風しのぐだけの家、不安定な土地、トイレ・水道など衛生設備がない、食料等のたくわえがなく季節に左右される、生きるか死ぬかのギリギリの生活、働ける人間はいつでも働いている。このような状態を物質的貧困という。
     二つ目に身体的貧困。働ける男女に対し扶養する家族の割合が多い、またこうした状況から常に時間に追われている、収穫前の季節になると飢えてやせる、発育不足になりやすい。こうした状態を身体的貧困という。
     三つ目の孤立化とは。街の中心には住めず、遠い土地にしか住めない、土地がやせ収穫がない、読み書きが出来ず情報がない、子供が学校に通えてもすぐやめてしまう、集会に参加しても口をきかない、地主への奉仕義務が忙しい。これらの状況に置かれたときを孤立化という。
     四つ目の不測の事態に..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。