相互依存関係のミスリード

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数203
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    組織環境とその制定
    ■その他の研究
     Weickと類似の研究にDillによる研究がある。Dillは組織環境として組織が利用可能な情報と組織が探している情報に着目した。組織活動と環境からのインプットをつなぐためには、①組織が直面する情報と、情報への注意と情報の蓄積の容易さ、環境を探索する戦略を分析する必要がある。また、②同じ環境にアクセスすることのできない組織内の個人やサブグループの認識やそれらがもう情報の多様性を認識することが必要である。個人やサブグループはそれぞれ異なる目的と活動を行っているため、異なる環境に直面していると言えるだろう。
    制定プロセスの決定要因
     組織環境が制定されるということに注意することで、客観的な環境の特性から組織が情報を選別する意思決定プロセスへと焦点を移すことができる。こうした意思決定プロセスにはある一時点における注目プロセスと、時間展開を伴った注目プロセスがある。
     ある一時点では、注意のプロセスは組織構造や組織内の情報システム、組織の活動に大きく左右される。情報システムはレポートや、統計、事実、情報として定期的に集められ、組織内に伝達されるものとして概念..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。