レビット教師による不正①

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数73
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    教師による不正の広がり
    1.導入
    ■問題提起
    強力なインセンティブシステムが行為者の行動を統一するために設計されてきた。しかしながら、欠点が存在するゆえに、行為者はルールの穴を見つけようとした場合、意図とは異なる行動を引き起こしてしまう可能性が高い。こうしたルールの裏を書く多くの方法を予測するのは不可能のように思える。
    ■扱う事例
     教育におけるテスト成績に基づいた責任システムは、強力なインセンティブシステムのコストと便益についての優れた例を提供してくれている。近年では、数多くの州や地区が毎年行われる小学生向けのテストでの生徒の成績に応じて学校に賞罰を与えているのである。この制度に対しては賛否両論ある。
    ■論文の目的
     本論文では、教師や管理者がまぎれもなく不正を働いているということを明らかにする。好成績へのインセンティブが高まるほど、教師は生徒の解答の書き換えや不正な問題対策を行う可能性が増すのである。こうした主張は強引な主張であるように思われるかもしれないが、近年では複数の都市で確認されてきたことである。
    ■論文に位置付け
     教師の不正に関する数すくない先行研究では個々の出来事の分..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。