オーナー経営と市場退出

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数87
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    「オーナー経営と市場退出のメカニズム」
    ■本論文の目的
    バブル崩壊後の失われた10年の中で、大企業は金融機関によって金利減免や追い貸しの対象とされ、非効率なままでの存続が促された。しかしながら、中小企業においては存続・退出では何が問題なのかが、必ずしも実証的に示されていない。 
     これを踏まえて、本論稿の目的は以下の二つを明らかにすることにある。
    第一に、非上場中小企業において収益性や生産性の高い企業が存続し、パフォーマンスの低い企業が退出する仕組みが経済全体に備わっているか、
    第二に、企業の効率的な存続・退出メカニズムが正常に機能していない場合には何が原因なのか、という二つのことである。
    ここでは、社長に注目して議論を進めていくことにする。なぜなら、経営資源の乏しい中小企業では、社長の決定にその業績が大きく左右されるからである。
     <非上場企業における所有構造と社長交代>
     ・所有構造
      オーナー経営者が多い。
       メリット:エージェンシー問題が起きにくい
       デメリット:コントロールやモニタリングが困難
             自己破産回避のインセンティブが働きやすい
     ・社長交代..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。