文脈的な観点の基本的な考え方

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数74
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    文脈的な観点の基本的な考え方
     以下ではここまで述べてきた重要な概念の記述することにしよう。そうした概念は組織や環境についての膨大な研究成果を体系化し、組織に対して環境が与える影響と、環境に対して組織が与える影響を理解するために役立つ。
    組織の効果性
     第一の概念は、組織の有効性である。組織の有効性とは、多様な集団や組織の需要を満たす能力である。この能力は、最終的には外部から評価されるが、組織自身が主体的に改善することができる能力である。組織の有効性は、経済的な面だけでなく、有用性という面からも評価される。
    ■組織の効率性
     組織の効率性は、業績の内部評価である。効率性は使用資源と生産物との比率で測定される。この指標において評価されるのは、活動の内容ではなく、活動の仕方である。その活動の仕方を管理し、変更させる構造は比較的容易であり、扱いやすい経営問題であると認識されている。
    組織環境
    ■環境の考え方
     組織の有効性が外部から評価されるということは、環境という概念が重要となることを意味している。この環境には、組織に影響を与える全ての出来事が含まれていると考えるのは適切ではない。それは、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。