1990年代になぜ犯罪は減少したのか

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数152
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    アメリカ経済犯罪高齢者都市人口影響統計変化理論

    代表キーワード

    経済犯罪

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    1990年代になぜ犯罪は減少したのか-減少を説明する4つの要因と6つの誤解-
    アメリカでは1990年代は犯罪が爆発的に増加するという予測がなされていたにもかかわらず、過去35年間で最も低い犯罪発生率を達成することができたのはなぜか。
     こうした問いに対する一般的な解答は以下の6つである。
    (1)1990年代における高い経済成長率
    (2)人口動態の変化
    (3)犯罪対策の強化
    (4)銃規制の強化
    (5)銃刀法違反
    (6)死刑の増加
    しかしながら、こうした6つの要因は直接的な影響をほとんど与えておらず、実際には以下に示す4つの要因が影響を与えている。
     (1)警官の数
     (2)囚人の収容人数の増加
     (3)クラック・コカインの減少
     (4)中絶の許可
    1990年代における犯罪発生率の減少の特徴を定義する
     以下では、犯罪の減少が生じた、(1)規模と、(2)普遍性、(3)意外性について考察することにしよう。
    (1)犯罪の減少のインパクト-大きさ、犯罪の種類、期間-
    最も顕著な特徴は犯罪発生率である。例えば、10万人あたりの殺人率は1980-91年の8~10%程度であったのが、1991年から20..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。