目的に応じた市場シェアの測定

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数64
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■目的に応じた市場シェアの測定
    一つ目の市場シェアの測定方法を選択するのは、どのような目的が存在するとしても不適切である。二つ目の測定方法を選択するのは、業績の指標として市場シェアを用いる場合である。三つ目の測定方法はコスト競争力を評価するためには用いることができない。これは、各企業のシェアがそれぞれ異なる領域におけるシェアであるためである。
     以上より、各企業が市場をそれぞれ異なる定義の仕方をしている場合には、シェアは相対的な業績を測定するためにしか利用できず、コストや交渉力の指標としては全く利用できないのである。
     ■独占禁止法へのインプリケーション
     各企業が異なる市場の定義を行っている場合に、独占禁止法を適用する際には、類似の顧客機能や顧客集団がコストの低下や顧客の購買意思決定に影響を与えていることに注意を払う必要がある。
    サプライヤーの集中度の意味と測定
     市場が定義された場合、そのプレイヤーの数と規模を知ることが重要となる。これはサプライヤーの集中度と呼ばれる。
     以下では、5つの市場のタイプにおける集中度の測定について考察することにしよう。
    <タイプ1>タイプ1の市場の場..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。