分析単位

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数191
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    分析単位

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    分析単位
    これまでの章は、市場領域の変化がライフサイクルの分析単位の定義も変化させることを示唆している。一般的に、差別化が進めば進むほど分析単位は細かくなり、標準化が進めば進むほど分析単位は大きくなる。これは各軸で独立して生じるものである。
    <3つのプロセスの関連性>
     これまで説明してきた3つのプロセスが関連していることは明らかである。かなり差別化された技術が導入された場合、新たな受容と普及プロセスが始まる。初めはその技術に不慣れでシステム購買を行っていた顧客も、次第に慣れてくると個々のコンポーネントを購入するようになる。その後、新たな技術的イノベーションが起こるのである。
    <事業定義の変化の5つの要因>
     範囲と差別化についての仮説を統合した場合、事業の定義の変化や市場領域の変化と矛盾する5つの要因が存在する。
    一つ目の要因は、顧客ニーズに応じた差別化を行う傾向である。この差別化を進めることでセグメント毎に異なる資源要件が必要となり、タイプ1の市場が形成されるようになる。
    二つめの要因は、標準化に向かう傾向である。この場合、タイプⅣの市場が形成される。
    三つ目の要因は、顧客集団の拡..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。