任天堂とソニー、そしてマイクロソフト

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数217
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <論文のコンストラクト>
    企業が直面した特有の状況が多様性に富むほど、科学領域の調査を強く行う。また、その調査の強さが業績を向上させる。
    <メジャメント>
    技術の限界を、特許一つ当たりの引用特許数で測定、国際製品市場への進出国数の変化を、関連会社やグループ会社の進出国数の前年度との差によって測定する。また、科学研究の強さを特許一つ当たりの特許以外のデータベースからの参照件数によって測定し、科学研究進出の変化を、特許申請の国の偏りを計算するブラウ指標を1から引いた数値の前年度との差によって測定する。イノベーションの業績として、申請を通過した特許数によって測定する。
    仮説1
    技術の限界に近づけば近づくほど、企業はさらなる科学探索をより熱心に行うようになる。
    仮説2
    企業の国際的な製品市場進出の変化は、国際的な調査進出を変化させる引き金となる。
    仮説3
    科学探索の熱心さは、その企業のイノベーションの開発効率性とUカーブ型で関連している。
    仮説4
    地理的探索の幅は、その企業のイノベーションの開発効率性とUカーブ型で関連している。
    <バリディティの評価>
    1.因果の逆:科学研究に力を入れていると..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。