日本企業の論点

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数182
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <前置き>
    世界のコンテンツ産業は、2005年の段階で一兆3288億ドルと推定されている。
    アメリカにおけるコンテンツ産業は、GDPの約6.8%。製造業が12.1%。不動産が12.7%、ファイナンスが7.8%であることを考えると、主要産業の一つと言えるだろう。
     日本におけるコンテンツ産業は、市場規模が、13兆6811億円と推定されており、アメリカに次ぐ第二の規模である。しかしながら、コンテンツ産業が日本のGDPに占める割合は2%しかなく、世界の平均に比べると低い。このようなことを受けて、日本において国家戦略としてコンテンツ産業は重要な位置付けを与えられている。その中で特に重要視されているのが、マンガ・アニメ・ゲームである。
    ハリウッドにおけるメジャーは、6社存在する。この中で、親会社を持たないのはディズニーだけであり、その他の企業はコングロマリットの一部である。
     時間展開
     ハリウッドは、サウンド映画の導入と大恐慌に揺さぶられる。厳しい経済状況下でのサウンド機械の導入は高額であったため、少数の名の通った制作会社しか資金調達を受けることができなかったのである。このような状況を生き延び..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。