存在主張型の言明

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数154
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    存在主張型の言明
     <言明の分類>
    言明には二つのグループが存在する。第一のグループは概念の存在を説明するグループであり、第二のグループは概念間の関係性を説明するグループである。ここでは第一のグループを存在主張型の言明とし、第二のグループを関係性型の言明と呼ぶことにしよう。
    <存在主張型の言明の概要>
    存在主張型の言明には、基本的な形式が存在する。その形式とは、ある用語によって判別されたある概念が対象や現象に適用された、というものである。この形式はより複雑な言明においても維持される。こうした存在の主張には、存在しているかどうかについて言及しているものと、それがどの程度存在しているかについて言及しているものがある。言明がこのどちらになるのかは、理論的概念の定量化の水準によって左右される。
    <定義との違い>
     存在主張型の言明の基本形式は定義と似ている。それゆえ、その違いを明確にしておく必要があるだろう。その違いとは、定義が概念の特徴を説明しているのに対して、存在主張型の言明は、概念の現実での存在を主張しているというものである。
    <存在主張型の言明の正しさ>
     存在主張型の言明が正しいか、..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。