笑いといじめの心理学

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数127
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <課題:仮説の構築~笑いといじめの心理>
    言明:集団へのコミットメントや空気を読むという行為がある集団内で重要だと考えられている条件のもとで、その集団においてもし熱心に笑いをとろうとするのであれば、その人は無意識のうちに他者に精神的苦痛を与えることになる。
    いじりの
    正当性
    いじり

    激しさ
    いじられる人の精神的苦痛
    笑いの発生
    人が嫌がることへの言及
    笑いへの熱心さ
    笑いをとろうとする人ほど、他者をいじり、それゆえ他者の欠点について言及するだろう。なぜなら、自分が新たなギャグを考えたり、面白い話をしたりといった創造性が求められる笑いよりも、他者の欠点などの嫌がることを指摘するほうがより簡単であるためである。このとき、そのいじりによって笑いが発生すれば、他者をいじった人はいじりの成功によってますます他者をいじるようになるだろう。このようにして、他者をいじるという行為が周囲の笑いという正のフィードバックを得ることによって、正当化されていくのである。そうした正当化の過程では、いじられていた人も笑える内容であったのが、次第に過激化していき、いじられた人が許容できないレベルでのいじりが入るよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。