事業の定義に関係するコンティンジェンシー理論

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数76
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    例えば、コレーとスターは、製品・市場範囲は妥協の産物であることを示唆している。コレーとスターは組織の範囲について言及したが、その結論は戦略の範囲の一般的な疑問に適用できると結論づけている。彼らは、事業単位は広く定義されなければならないと述べた。それは、市場で関連する活動プログラムを享受するためであり、予測、戦略策定や目標設定の現実的なフレームワークを提供するためである。その一方で、顧客のニーズや競合の戦術、機会の窓に柔軟に対応するために十分に狭くする必要もある。重い組織になってはならない。シャピロは製品ラインの幅に関して、次のように述べている。幅は物流業者をサポートし、営業の熱意を獲得できるだけが必要である。幅が狭ければ、在庫コストや転換コストの削減、カニバリの防止に役立つ。Biggadikeは規模の経済に関して重要な指摘を行っている。顧客が不均一なニーズを持ち、製品がかなり多様な場合、小規模であることはなんら支障はない、としている。おそらく、不均一な顧客ニーズは、多様な製品、マーケティング、R&D活動、サービス、物流が必要になるだろう。そのような違いが規模の経済を除外するのである。
    ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。