顧客行動

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数44
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    <顧客行動>
     顧客行動における変化は二つである。一つ目の変化は、顧客がEFTSsの概念についてよく知り、受け入れるようになるにつれて顧客はシステム全体を購入することに興味を持つようになったことである。二つ目の変化は、顧客が価格に敏感になり、それ以外の要素を重視しなくなったことである。もし、競合が広い事業の定義をとることで低いコストを達成できるのであれば、広い事業の定義が顧客に明確な便益を提供していることになる。
    <異なる顧客機能や顧客集団への対応のために必要な活動>
     製造やR&D活動においては、顧客集団間よりも顧客機能間の違いによって多様な活動が求められるようになる。また、マーケティング活動は顧客集団や顧客機能間での違いによって求められる活動が多少は異なる。このようなことから、Docutel社はこの点においては不利に立たされていなかったと言える。
    <コスト>
     ■製造コスト
     製造コストは、規模の経済や経験効果はそれほど重要でなく、また存在したとしても各製品間でその効果を共有することは難しい。それゆえ、Docutel社はこの点においては不利に立たされていなかったと言える。
     ■マー..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。