結論なしの場合について

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数35
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■結論なしの場合について
    結論がでなかった場合、スミスの態度は変化しない。
    ■言明を支持または不支持の場合
    言明を支持した場合、スミスは言明Xの有用性を高く評価するようになり、逆の場合は言明Xの有用性を低く評価するようになる。
    <スミスが有用性に対して肯定的な場合>
     比較のために、スミスがすでに言明Xを支持する先行研究を知っており、それゆえ言明Xの有用性に自信を持っている場合にジョーンズの研究結果がスミスの態度に与える影響を考察しよう。
    ■結論なしの場合
     結論がでなかった場合、ジョーンズの研究結果は言明Xに対するスミスの態度には影響を与えないが、科学者としてのジョーンズの評価を低下させる可能性がある。
    ■言明を支持した場合
     言明を支持した場合、言明Xに対するスミスの態度に影響を与えない。
    ■言明を不支持の場合
    ―態度への影響
    言明を支持しなかった場合、スミスはジョーンズの結論を受け入れるまで、ジョーンズの研究内容を詳細に分析することになる。もし、ジョーンズの研究手法に納得したのであれば、スミスは言明Xの有用性に対する自信を低下させることになる。
    ―態度への影響を通じた影響
    その他..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。