規制産業にもかかわらず成長を遂げているJTと規制産業であったがゆえに世界的な動きに対応できず国際的な競争力を維持できていないメガバンクの対比を考えると面白いと感じ

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数44
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    規制産業にもかかわらず成長を遂げているJTと規制産業であったがゆえに世界的な動きに対応できず国際的な競争力を維持できていないメガバンクの対比を考えると面白いと感じた。
    特にJTは日本国内におけるシェアが低下傾向にあるにもかかわらず、成長を続けているのに対して、国際市場へはM&Aをうまく利用しながら進出しているのが特徴的である。
     JTのM&Aのうまさの一つは買収作業チーム(Business Development)を作り、自ら買収による統合のシナジーを計算していることに起因していると思われる。M&Aの評価を投資銀行主導ではなく、当事者が主導することには二つの利点があると思われる。一つは、より正確なM&Aによる効果の測定である。投資銀行よりも自社のほうが当然その業界には精通しているわけであるから、そのM&Aによる事業統合によって生み出されるシナジーについての評価をより正確になると思われる。もう一つの利点は知識の蓄積である。通常、異なる企業が合併した場合、様々な問題が存在すると思われる。そうした問題の解決がどの程度コストのかかるものなのかについて、専門の部署によって把握していれば、M&Aの..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。