インターナルバリディティの評価①

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数50
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    ■インターナルバリディティの評価
     製品開発資源と水平展開の程度の間には、第三の変数であるマーケティングの重視度が関連していると考えることができる。製品自体の性能よりもマーケティングを重視している企業では、そうでない企業よりも開発部隊は製品性能にこだわる必要がなく、また製品をタイミングよく発売することが重視されるため、開発から発売までの時間が短くなる傾向にあるだろう。その一方で、マーケティングを重視している企業は、類似の製品であっても多様な販売の仕方を行うことができるため、水平展開の程度が高くなる傾向にあるだろう。このため、マーケティング重視の企業では、開発期間が短くなり、また水平展開の程度も高くなる傾向にあると言えるだろう。
    <コンストラクト>
    多角化の程度が企業業績に与える影響は、制度の発達度によって異なる。
    <メジャメントと仮説>
    <バリディティの評価>
     ■仮説1のインターナルバリディティの評価
     制度の発達度が低い場合ではなく、人々の価格弾力性が高い場合という他の条件を考えることができる。価格弾力性が高い場合、企業は低コスト低価格を目標とし、規模の経済や範囲の経済のメリットを..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。