アメリカの銀行向けシステム装置の市場

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数48
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    アメリカの銀行向けシステム装置の市場
    <市場の導入期>
     1960年代後期に初めて銀行に電子取引システムが導入された。このシステムは銀行外で場所での預金の預け入れや引き落としを可能にした。これが可能になったのは、各端末から銀行やクレジットカード会社に集められた顧客情報にアクセスすることできるとともに、顧客からの指示も受け取ることもできたためである。典型的には、このシステムにはそれぞれ個別の製品であるが、関連している以下の3つの機械が含まれていた。
    1. ATM:顧客が人と意思の伝達を行うことなく、銀行の窓口サービスを受けることができる機械
    2. 販売時点情報管理(以下POS):ATMに追加できる在庫管理や売上勘定システム
    3.オンライン端末(以下OLTT):顧客情報を即座に銀行窓口に提供できる機械
    ■ATM
    ・製品概要
     ATMは、銀行内や屋外、またその他の銀行から離れた場所に設置することができた。初期においては、製品の大半はオフラインで全ての取引を後ほど再処理する必要があった。しかし、これはのちに改善され、オンラインで勘定プロセスと端末をつなぐことができるようになった。
    ・使用法
     ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。