Docutel社が直面した戦略的意思決定

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数48
ダウンロード数1
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    Docutel社が直面した戦略的意思決定
    ■事業の定義
     Docutel社がどのように事業の定義を決定するかについては、複数の組織階層が明らかに関連している。全社レベルにおいては、当初行っていた二つの事業を事業の定義に含めるのか、もしくはさらに他の事業を行うのかという決定をする必要があった。金融取引システム事業においては、システムのうちどの部分をDocutel社が担当し、それをどのような市場を対象とするかの決定を行う必要があった。ATMという製品レベルでは、どの銀行を対象とし、その銀行のどのニーズに応えるかを決定する必要があった。
    ■目標の設定
     Docutel社の目標の意思決定は、支配戦略かミニ支配戦略、メンテナンス戦略として表現されている。これは各機能での活動の目的をまとめたものである。3つのうちどの戦略をとるかは市場シェアや売上成長、キャッシュフロー、純利益、ROIのどれを重視するかによって決定される。
    ■機能別戦略
     事業の定義の実行や設定した目標を達成するために各機能が何をすべきかを決定する。
    ■三つの関係性
     通常、これらの3つは相互に関連しており、どれを先に決定したのかは..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。