CT市場

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数48
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     <プログラムレベル>
     ■用語の整理
     プログラムレベルにおいては、事業の定義と伝統的なマーケティングの概念を関連づけるために顧客集団を顧客セグメント、顧客機能を顧客ニーズ、技術をマーケティングミックスとして言い換えることにする。こうした変更によって、製品の物理的特性以外に顧客が求める特性やそれの提供方法を考えることができるのである。
     これによって、セグメンテーションは市場が3軸にそって細分化されることを示しており、またポジショニングは細分化されたセグメントを選択することによって活動の定義を決定するプロセスであると言える。
    ■方法
     この選択は常に3軸にそって行わなければならないというわけではない。顧客セグメントや顧客ニーズ、マーケティングミックス間で高い相関関係が存在する場合、相関関係にある二つの軸それぞれについて言及するのは余分である。
     二つの軸は一対一対応しないことが多いため、3軸それぞれに対して選択を行うことが多い。しかしながら、二つの軸の相関関係が強いほどマーケティングの効率性が高まるため、セグメンテーションを行う際にはニーズの違いで顧客セグメントを分けることができるよ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。