CTスキャナはハンスフィールドによって開発された

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数41
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営経済マーケティング

    代表キーワード

    経営

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    CTスキャナはハンスフィールドによって開発された。これは、細かく並行にX線を対象物に放射し、体の部位を細かくスキャンする方法である。このようにして多様な横断面を撮影することによって、医師は体内の断面図とももに、3次元情報を獲得することができるようになった。
    まとめると、ここで説明した手法はどれもお互いに競合するものであり、かつ補完し合う存在でもある。ある手法によって独自の結果を得ることができる可能性はあるが、ほとんどの結果についてはその他の手法によって複製可能である。したがって、どの手法を選択するかは、必要な画像の種類や撮影及び副作用によるコスト、その他の手法によって得られる情報やその獲得コストによって左右される。
    <コスト>
    必要なコストについては、導入費用、患者負担費用ともにCTスキャナが最も高く、超音波画像診断が最も安い。
    <市場>
     各装置のアメリカにおける市場の規模と成長予測は、図5-3のようになっており、具体的な数値は表2にあるようになっている。
     伝統的なX線市場は、1974年にピークを迎えた。この原因として、規制開始前の需要の先取りやビジネス環境の悪化を考えるものもいた..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。