構成とレベル

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数114
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学社会学

    代表キーワード

    経営学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    構成とレベル
     各部分によって構成されている実体の構造は本書において発展させる創発の概念にとって中心的なものであるが、その由来は創発の最も初期の見解にある。例えば、20世紀初頭のイギリスの創発主義者が、物質粒子の構造はいくつかの階層構造をなしており、またその各階層は独自の物質的な実体をもつとともに、より低次のレベルによって構成されていることを議論していることをMcLaughlinは指摘している。
     筆者も含めて、ほとんどの創発理論家は創発の概念は本質的に構造的なものであるという見方を取り続けてきている。つまり、あらゆる実体の創発特性は、その実体に必要不可欠な構成要素である低次の実体の集合から構成されたものと、その各構成要素の特性に依存しているのであって、構成要素ではない実体の存在や特性には依存しているわけではないのである。第3章でみるように、ある実体の因果的パワーの現実化はその他の実体との相互作用によって生じるが、それらのパワーの所有は、相互作用とは無関係に生じているのである。
     インプリケーションの一つは、創発特性やパワーをもったある実体の構成要素もまた創発特性やパワーをもつ低次の実..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。