品質の手がかりを管理する

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数90
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学経済価格

    代表キーワード

    経営学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    品質の手がかりを管理する
     売り手があり製品についてどのように選択肢を提示するかによって、その製品への質の違いに対する買い手の評価の仕方が変化し、それゆえ選択肢間における買い手の価値判断の仕方も変化する。
     <質の違いを伝える価格以外の3つの表現方法>
    質の違いを伝える価格以外の方法は大きく分けて三つある。それは、以下の三つである。
      ①純粋に記述する・・・よい、よりよい、最もよい
      ②割合を下にしたてがかり・・・ランキング
      ③実際の数値情報・・・脂肪比率
     <買い手による価値判断を難しくしている要因>
      ①否定的な情報と肯定的な情報を統合して判断すること
      ②数値情報の統合
     価格は質を判断する手がかりの一つ。調査によると価格と共に比率尺度を用いることによって買い手は質と価格のトレードオフを判断しやすくなるという。価格とともに比率尺度を用いる場合、売り手は製品の特徴を顧客にとっての便益として表現する方法を見つける必要がある。
    価格の差を設定するためのガイドライン
    二つのエンドプライスを決定すれば、製品系列の価格の幅は決まる。
    (1)セグメンテッド価格戦略の手順
     ①製品系..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。