品質に関するシグナルの種類

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数89
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学経済価格

    代表キーワード

    経営学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     品質に関するシグナルの種類
      品質に関するシグナルの種類は、契約通りに作用しなかったかどうかに関係なく売り手がシグナルコストを負担するか(失敗とは無関係)、もしくは契約どおりに作用しなかった場合のみシグナルコストを負担するか(失敗次第)の二つに分類できる。
      失敗とは無関係に負担するシグナルコストには評判の確立、店舗の装飾、新設備や値下げ、クーポンなどがある。一方で、失敗した場合のみ負担するのは、保証とお金が戻る補償がある。また、シグナルとして高価格を用いれば、売上数量の減少によって収入が犠牲になるかもしれず、品質を偽ることは評判にキズをつけ将来の収入を減少させることになる。
    低価格VS高価格
     評判のよいブランドネームを持っていない売り手が市場に高品質の新製品を導入する場合、その売り手はジレンマに直面する。売り手は製品を導入するために大々的な広告キャンペーンを行うかもしれないが、一方で買い手は性能の優位性を主張する広告に対してはもともと懐疑的であり、無名な売り手であればなおさらである。そのため、買い手はその新製品の購入に対して用心深くなってしまうかもしれない。このように、売り..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。