設備投資2

会員648円 | 非会員777円
ダウンロード カートに入れる
ページ数5
閲覧数98
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学経済価格

    代表キーワード

    経営学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    仮説2:設備投資に関する仮説
    当該産業において、生産設備を最新のものにしておく必要がある。しかしながら、その生産設備の更新に必要な資金は莫大であるため、その資金をまかなうためにはある程度の規模が必要となる。それゆえ、低価格帯という市場規模の大きな分野での高いシェアは、最新設備の導入に有利に働き、低い変動費の実現によって低価格を実現できるため、競合他社のシェアを奪いやすくなる。
     生産設備が企業の競争力を大きく左右する場合,シェアを伸ばそうとする企業は,以下の行動をとるだろう。
    第一に,生産設備を最新のものにしておく
    第二に,設備投資への投資額が大きい。つまり,売上の伸びに応じて,設備投資を増加させる。
    仮説3:顧客との関係を視野に入れた仮説
    ①一括購入を顧客が好む場合
    顧客は、一つの企業から一括して、低価格帯の製品から高価格帯の製品までを納入してもらうことを好む。それゆえ、低価格帯で競合他社が強くなると、高価格帯におけるシェアをその競合他社が一括受注によって侵してくる可能性が高くなる。
    一括受注を好む条件
    物流コストの削減
    製品価格に占める物流コストが高い場合、顧客は一括受注して物流費..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。