成熟期における競争戦略

会員972円 | 非会員1,166円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数78
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学経済価格

    代表キーワード

    経営学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    企業は、フルライン戦略をとり、品質の向上や新製品の追加といったものにプロモーション費用を注ぐ必要がある。
    <コスト効率性>
     旧式の設備を廃棄し、最新設備にする。また、川上統合を行い、より安い原料調達をはかることや川下統合を行いより流通コストを下げる必要がある。
    <タイミング>
    一つ以上の企業がこの戦略をとると、成功確率が低下してしまう。そのため、競合にシグナルを送ることが必要となる。
    2-4-2投資水準の維持
     <この戦略をとるとき>
     成熟産業で競争する上で最適な戦略のポジションをすでに確立しているとき
    資産の売却
     事業売却の相手はしばしば従業員などになる.また,重複資産は撤退を前提とした合弁会社に任せることで廃棄することもできる.
    垂直統合
     垂直統合はいくつもの事業部の活動を統合する必要があるため,バリューチェーンの各段階での利益を実現する枠組みを破壊することなしに,戦略の変化によって撤退障壁を低下させなければならない.
    戦略的な柔軟性を保つためには,資産を複製しておくことが必要となるかもしれない.下流への企業内のつながりは,上流へのつながりよりも再編成しやすい.概念的にいえ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。