適応的な価格戦略

会員1,620円 | 非会員1,944円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数59
ダウンロード数0
履歴確認

    ファイル内検索

    タグ

    経営学経済価格

    代表キーワード

    経営学

    資料紹介

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    適応的な価格戦略
    適応的な価格戦略を用いることで、コストや企業目標、競合の役割を認識するだけでなく、需要に対する価格やマーケティングミックスの相互作用による効果も認識することができる。また、適応的な価格戦略は環境の変化を受け入れるための公式的な仕組みを提供してくれる。この適応的な価格戦略を行うために必要なことは、3つある。
    <適応的な価格戦略を行うために必要なこと>
    (1)計画と管理の基準
    (2)予定と実際の結果の標準偏差を検査し、分析する
    (3)計画、基準、方針の見直しをするために情報をフィードバックをするシステム
    また、どのように資源を配分するかを決める際に考えるべき変数は5つある。
    <どのように資源を配分するかを決める際に考えるべき変数>
    (1)製品特性
    (2)価格と品質の関係
    (3)製品を市場に出すための流通機関
    (4)広告やその他の情報伝達活動
    (5)製品とともに提供するサービスの質や性質
    環境が変化した場合,以上に述べた変数に基づいて変化に適応した方針をつくることが必要である。このような適応的な価格戦略の主な特徴は以下の3つである。
    (1)需要やマーケティングミックスにおけ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。