ペスタロッチの生涯と教育思想について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数4
閲覧数5,442
ダウンロード数17
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチは、1746年1月12日にスイスのチューリッヒで生まれた。5歳の時に父パブテストを亡くし、以後、母スザンナと女中のバーベリにより、兄と妹と一緒に育てられた。ペスタロッチは農村の牧師であった祖父アンドレスのもとで生活上の豊かな経験を得ることができた。祖父の生活がいつしか少年ペスタロッチの理想となっていたのである。
    当時、家の貧しい子供は学校へ行くことができなかったが、ペスタロッチは祖父アンドレスの影響を強く受けていたこともあり、貧しい子供たちも入れる学校を自分で創ろうと考えていた。そして、フランスの啓蒙主義者の一人であるルソーの『エミール』を読んで、ますます子供の教育をする決心を強めた。
    その後、ノイホーフに於いて農場経営を始める。この頃、幼なじみであった7歳年上のアンナ・シュルテスと結婚する。彼女は苦闘の多い彼の活動や彼自身を、常に強く支えた女性である。
    しかし、そのノイホーフでの農場経営は、アンナと共に幾つもの問題や苦闘と向かい合ったが、結局失敗に終わってしまう。そして、28歳のとき、貧民学校を開設し、貧しい家の子供たちを集め、糸つむぎの仕事をさせながら、読み書きや算術を主体とした勉強を教えた。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

     ヨハン・ハインリッヒ・ペスタロッチは、1746年1月12日にスイスのチューリッヒで生まれた。5歳の時に父パブテストを亡くし、以後、母スザンナと女中のバーベリにより、兄と妹と一緒に育てられた。ペスタロッチは農村の牧師であった祖父アンドレスのもとで生活上の豊かな経験を得ることができた。祖父の生活がいつしか少年ペスタロッチの理想となっていたのである。
     当時、家の貧しい子供は学校へ行くことができなかったが、ペスタロッチは祖父アンドレスの影響を強く受けていたこともあり、貧しい子供たちも入れる学校を自分で創ろうと考えていた。そして、フランスの啓蒙主義者の一人であるルソーの『エミール』を読んで、ますます..

    コメント2件

    lovelogos 購入
    参考になりました
    2007/03/09 7:12 (9年9ヶ月前)

    usi0375 購入
    ペスタロッチの教育思想がとてもまとまっておりました。
    2007/08/31 10:05 (9年3ヶ月前)

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。