日本の宗教建築における永遠性のについて

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数2
閲覧数492
ダウンロード数6
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    宗教建築である神社仏閣の多くは伝統的な木造建築でできており、中には法隆寺のように千年以上の歴史を誇る建築物もある。それはこの日本が世界でも有数の「木」の文化を誇る国であることを物語っているように感じる。千年以上たった今でもなお堂々と建っているこのような宗教建築を見ていると感動を覚えてしまわずにはいられない。法隆寺や東大寺などの宗教建築がこれから先何百年もの生命に伝え続けるためには、何が求められているのだろうか?それについて考えるために私は奈良にある法隆寺を訪れた。何故なら、法隆寺とは日本最古の木造建築物であり、法隆寺が座する奈良という都市は一般的に「古都」と言われる京都よりも、仏教史的観点からすると歴史が深いからだ。また、「京都は坊主は生臭」、「奈良の坊主は真面目」とどこかで聞き、その印象が強かったということも私を京都ではなく、奈良へ赴かせた理由として挙げられるだろう。

    とある日曜日、私は人ごみの中喧騒を掻き分け奈良の地に足を踏み入れた。
    地方からの観光バスの数の多さが象徴するように、法隆寺は今や奈良が誇る一大観光名所であるわけだが、人ごみと喧騒を掻き分け五重塔を目指す。

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    日本の宗教建築における永遠性について
                      
                        
     宗教建築である神社仏閣の多くは伝統的な木造建築でできており、中には法隆寺のように千年以上の歴史を誇る建築物もある。それはこの日本が世界でも有数の「木」の文化を誇る国であることを物語っているように感じる。千年以上たった今でもなお堂々と建っているこのような宗教建築を見ていると感動を覚えてしまわずにはいられない。法隆寺や東大寺などの宗教建築がこれから先何百年もの生命に伝え続けるためには、何が求められているのだろうか?それについて考えるために私は奈良にある法隆寺を訪れた。何故なら、法隆寺とは日本最古の木造建築物であり、法隆寺が座する奈良という都市は一般的に「古都」と言われる京都よりも、仏教史的観点からすると歴史が深いからだ。また、「京都は坊主は生臭」、「奈良の坊主は真面目」とどこかで聞き、その印象が強かったということも私を京都ではなく、奈良へ赴かせた理由として挙げられるだろう。
    とある日曜日、私は人ごみの中喧騒を掻き分け奈良の地に足を踏み入れた。
    地方からの観光バスの数の多さ..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。