小児疾患の病態とその看護について

会員540円 | 非会員648円
ダウンロード カートに入れる
ページ数3
閲覧数1,389
ダウンロード数3
履歴確認

    ファイル内検索

    資料紹介

    小児疾患(母性疾患)の病態とその看護について
     古くから、人々はたびたび伝染病に悩まされてきた。歴史を振り返ると、天然痘は定期的に大流行し悪魔の病気と恐れられた。ペストは黒死病と呼ばれ、ローマ帝国をはじめとするいくつもの国の勢力を弱めた。ここで挙げた二つはどちらも感染力・致死率共に高く、天然痘に関しては1980年にWHO(世界保健機関)によって根絶宣言が出されたが、ペストは発展途上国などにおいて未だ見られる伝染病である。歴史を揺るがせてきた伝染病はこれらに限らず、今なお世界中で様々な伝染病が猛威をふるっている。日本のような先進国では死亡率は減ってきているものの、やはり人類とって伝染病は命を脅かすものであり、今でも全世界の死亡者数の実に四分の一が伝染病による死者であると言われている。特に乳幼児に関しては抵抗力の弱さから感染後の致死率が高く、主に衛生状態の良好でない国においては何らかの伝染病によって多くの子供たちの命が奪われている。このような事態に対して、主な働きを行っているのがUnicef(国際連合児童基金)で、はしか、ポリオ、結核など途上国では不治の病とされ、多くの子供たちを死に至らしめてきた病気が、ワクチン接種によって救われるようになった。ワクチン接種をすることによって免疫を得、発症や症状の重篤化を防ぐことができるのである。UnicefやWHOなどの国際的な福祉団体による働きかけで、1984年には30%前後であった子供の予防接種率を1990年までに80%にまで高めることができたと言う(日本ユニセフ協会, 1994)。しかし貧困にあえぐ地域やその世帯において各ワクチンはまだまだ高価なもので、伝染病とその合併症によって命を落とす子供は少なくない。
    日本のように生活水準の発達した国では予防接種をほぼ全ての人が受けられる状態にあり、死に至るほどに重症化することはなくなってきている。日本もその昔は伝染病の流行があり、多くの打撃を受けたことから、昭和28年に予防接種法が制定された。この予防接種法では主にジフテリア・百日咳・ポリオ・麻疹・風疹・日本脳炎・破傷風を第一対象疾病とし、これらに関して予防接種が法律として義務付けられていた。しかし、平成6年6月、この法は大幅に改正され、これらの伝染病に対するワクチン接種が強制的義務ではなく、努力義務とされた。また、ここに挙げた第一対象疾病とされる伝染病の他にも、子供のかかりやすい伝染病は沢山ある。流行性耳下腺炎やインフルエンザ、水痘などがその主なものである。中でも、俗に水疱瘡とよばれる水痘は現代においても人生一度はかかるといわれる疾病であり、成人してからの発症は重症化しやすい傾向にある。今回は、この水痘について詳しく考えていきたい。
     まず、水痘とはどのような伝染病なのだろうか。
    この水痘は主に水疱瘡という名称で知られている。原因となるのは水痘・帯状疱疹ウイルスで、接触・飛沫感染する。毎年流行の兆しがあるが、主に感染する年代は1~9歳とされ、小児期に発病するうちはそれほど重篤化しない傾向にある。症状としては主に全身にわたる痒みと痛みを伴う紅班・水疱のほかに、食欲不振や発熱、咳、倦怠感など風邪に似た症状が表れるのが特徴的である。また、潜伏期は11日~21日と長く、もし感染者の身内に水痘ウィルスの免疫を持たない妊婦がいたとしたら、気づかないうちに感染し、胎児の成長に支障をきたす可能性もある。現に妊婦における水痘罹患は重篤化する傾向があるとされる。母親が水痘に罹患していたことによる新生児の水痘では、母親が分娩前4日~分娩後

    資料の原本内容( この資料を購入すると、テキストデータがみえます。 )

    小児疾患(母性疾患)の病態とその看護について
     古くから、人々はたびたび伝染病に悩まされてきた。歴史を振り返ると、天然痘は定期的に大流行し悪魔の病気と恐れられた。ペストは黒死病と呼ばれ、ローマ帝国をはじめとするいくつもの国の勢力を弱めた。ここで挙げた二つはどちらも感染力・致死率共に高く、天然痘に関しては1980年にWHO(世界保健機関)によって根絶宣言が出されたが、ペストは発展途上国などにおいて未だ見られる伝染病である。歴史を揺るがせてきた伝染病はこれらに限らず、今なお世界中で様々な伝染病が猛威をふるっている。日本のような先進国では死亡率は減ってきているものの、やはり人類とって伝染病は命を脅かすものであり、今でも全世界の死亡者数の実に四分の一が伝染病による死者であると言われている。特に乳幼児に関しては抵抗力の弱さから感染後の致死率が高く、主に衛生状態の良好でない国においては何らかの伝染病によって多くの子供たちの命が奪われている。このような事態に対して、主な働きを行っているのがUnicef(国際連合児童基金)で、はしか、ポリオ、結核など途上国では不治の病とされ、多くの子供たちを死に至らし..

    コメント0件

    コメント追加

    コメントを書込むには会員登録するか、すでに会員の方はログインしてください。